雌牛 (クルアーン)

クルアーンの第2章

雌牛(アル=バカラ、Al-Baqara)は、クルアーンにおける第2番目のスーラ

雌牛
البقرة
Al-Baqara
アル・バカラ
Sura2.pdf
雌牛
啓示マディーナ啓示
章題の意味第67−71節にある雌アッラーに供える物語に由来[1]
詳細
スーラ第2章
アーヤ全286節(または287節)
ジュズウ1 - 3番
ヒズブ1 - 5番
ルクー40回
神秘文字الم
前スーラ開端
次スーライムラーン家
テンプレートを表示

内容

全スーラの中で最も長いもの(全体のおよそ1/12となる分量)であり、計286節(または287節)ある。

第282節「貸借の節」は、節長がクルアーン中で最長とされる。また、第255節「台座の節」は、神学的に重要な節とされている[2]

スーラの冒頭に神秘文字(Muqatta'at)が置かれている(計29スーラ)うちの一つ。

学者によってクルアーンの啓示順の類推見解は異なるものの、ミュア・ネルデケ・グリメは、「カイロ版」同様に、この章が「最初のマディーナ啓示」とみなしている[3]

第219節に酒と賭け矢(マイスィル)についての言及がある[4]

出典

  • 井筒俊彦 『井筒俊彦著作集7 コーラン』1992年、888頁

外部リンク